資料請求
ネット出願

インフォメーションInformation

2021年度入試の変更点

2020.9.4 入試情報

公募制選抜対策講座を10月24日(土)、12月5日(土)に開催!お申し込みはこちらから

 

新型コロナウイルス感染症に対応し、入学試験の実施方法変更等の対応についてお知らせします。総合型選抜の募集人員拡大、日程の追加、試験範囲の変更について等、重要な内容となっていますので、受験をお考えの方は必ず目を通してください。

※今後新たな感染の拡大があった場合は実施方法の変更を行う場合があります。

総合型選抜 募集人員数の拡大について

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、早期に実施される総合型選抜や、推薦入試の需要が増加傾向にあることを受け、総合型選抜の募集人員を従来の定員数から大幅に拡大します。

看護学部 10名→20名 教育学部 15名→25名

※総合型選抜A・B・C日程の募集人員を拡大することにより、一般選抜や大学入学共通テスト利用選抜等の募集人員の調整を行なっております。

面接方式について 

総合型選抜(A 日程・B 日程・C日程・D 日程)、学校推薦型選抜については、面接でグループディスカッションは実施しません。

試験日程の追加について

受験機会の充実を図るため、従来の選抜方式に加え、下記の選抜を新たに追加します。

総合型選抜(C日程)
募集人員 看護学部 A日程・B日程・C日程合わせて20名
教育学部 A日程・B日程・C日程・D日程合わせて25名
出願期間 2020年11月12日(木)~12月8日(火)
※締切日必着
試験日 2020年12月13日(日)
※専願受験
合格発表日 2020年12月20日(日)
選考方式
  1. 小論文
  2. 集団面接
  3. 大学入学希望理由書(出願時に提出)

※小論文と面接、大学入学希望理由書の総合評価

試験会場 姫路 本学会場
総合型選抜(D日程) ※教育学部のみ
募集人員 教育学部 A日程・B日程・C日程・D日程合わせて25名
出願期間 2020年12月9日(水)~3月10日(水)
※締切日必着
試験日 2021年3月14日(日)
※専願受験
合格発表日 2021年3月19日(金)
選考方式
  1. 小論文
  2. 集団面接
  3. 大学入学希望理由書(出願時に提出)

※小論文と面接、大学入学希望理由書の総合評価

試験会場 姫路 本学会場
オンライン選抜(A日程) ※教育学部のみ 詳細はこちらをご確認ください
募集人員 若干名
出願期間 2020年9月10日(木)~10月18日(日)
※締切日必着
試験日 2020年10月25日(日)
※専願受験
合格発表日 2020年11月1日(日)
選考方式
  1. 小論文(事前提出)
  2. 面接(口頭試問も含む)
  3. 大学入学希望理由書(出願時に提出)

※小論文と面接、大学入学希望理由書の総合評価

試験会場 オンラインで開催(通信環境で不具合等が生じた場合、代替措置を講じます)
オンライン選抜(B日程) ※教育学部のみ 詳細はこちらをご確認ください
募集人員 若干名
出願期間 2020年10月23日(金)~11月22日(日)
※締切日必着
試験日 2020年11月29日(日)
※専願受験
合格発表日 2020年12月6日(日)
選考方式
  1. 小論文(事前提出)
  2. 面接(口頭試問も含む)
  3. 大学入学希望理由書(出願時に提出)

※小論文と面接、大学入学希望理由書の総合評価

試験会場 オンラインで開催(通信環境で不具合等が生じた場合、代替措置を講じます)

試験範囲の変更について

公募制選抜(A日程・B日程)、一般選抜(A日程・B日程・C日程)の出題範囲については下記の通りとします。

国語  国語総合(古文・漢文を除く)
数学 数学Ⅰ・A
英語 コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ(リスニングを除く)
生物 生物基礎

試験会場の変更

下記のとおり試験会場を変更します。

変更前

公募選抜 A 日程 米子商工会議所

変更後

公募選抜 A 日程 日本海情報ビジネス専門学校

調査書の特例処置について

今年度限りの処置として、3学期制の高等学校において第3学年1学期までの学習成績の状況が記載できない場合に限り、第2学年末までの学習成績の状況を公募制選抜で活用(得点化等)します。

 

受験機会の確保について

各選抜において、新型コロナウイルスに罹患し、試験日までに医師から治癒したと診断されていない受験者や試験日直前に保健所等から濃厚接触者に該当するとされた受験者、発熱・咳等の症状があり試験当日の検温で37.5度以上の熱がある受験者は受験することができません。

上記の理由により当初出願の受験を見送る場合、受験者の希望により、追加の検定料を徴収せずに、その他別日程への受験振替を認めます。

 

 

試験実施における感染防止策

  1. 試験室の座席間の距離(1メートル程度)の確保を行います。
  2. 受験者には試験場内ではマスクの着用を要請します。
  3. 試験監督者は試験場内ではマスクを着用します。
  4. 試験場ではアルコール消毒を設置します。
  5. 試験室の机・椅子、試験場のトイレ等は試験前・後に消毒を行います。

受験者への要請

  1. 発熱・咳等の症状がある受験者はあらかじめ医療機関での受診を行ってください。
  2. 新型コロナウイルスに罹患し、試験日までに医師から治癒したと診断されていない受験者や試験日直前に保健所等から濃厚接触者に該当するとされた受験者、発熱・咳等の症状があり試験当日の検温で37.5度以上の熱がある受験者は受験することができませんのであらかじめご了承ください。
  3. マスクを必ず持参し、試験室内では監督者からの指示があった場合を除き、常に着用してください。
  4. 試験室にはアルコール消毒液を設置していますので入退室の際等には手指消毒をしてください。
  5. 試験室は換気のため窓の開放等を行いますので、上着など暖かい服装を持参してください。
  6. 当日、試験場で体調不良のあった場合は、速やかに試験監督者に申し出るようにしてください。

ページの先頭へ